つくる

もっちりトリュフ

料理研究家松丸まきさんレシピ
「今年のバレンタインはちょっと一工夫♪」
素材生かす楽しさ、親子で作って楽しい一品です。

里芋??言われなければ気が付かない!
今年のバレンタインはヘルシーなチョコレートで

早いもので今年ももう2月に入りました。
2月といえば・・バレンタイン!パパと息子くん(5才)に手づくりチョコをあげたいな。
いつもと違う変わったレシピ、ないかな?

 

ということで!

料理研究家の松丸まきさんに里芋を使った簡単でおいしいレシピ

をご紹介いただきました。

*プロフィール*%e6%9d%be%e4%b8%b8%e3%81%be%e3%81%8d%e6%a7%98
料理研究家・栄養士 松丸まき
「食を通してHappyに」をモットーに料理教室や食育イベント、講演会を通して、各世代に「食」の大切さ、楽しさを普及している。テレビや新聞、食品会社などに考案するレシピは「身近な食材で、目新しく、簡単!」と主婦達から絶大な支持を得ている。

ccm_recipe201702_chocolate
もっちりトリュフ

<材料>(15個分)

里芋 150g ※1
ミルクチョコレート(板チョコ) 100g
ココアパウダー  適量

作り方

① 里芋は皮についている泥やヒゲ根を落としながら、よく洗う
② 鍋に水と①の里芋を入れて、竹串がスッと通るぐらいまで柔らかくゆでる
③ ミルクチョコレートを湯煎(ゆせん)で溶かす
④ ②の柔らかくなった里芋は熱いうちに手で皮をむく ※2
⑤ 皮をむいた里芋をジッパー付きの厚手の袋に入れ、ふきんで包み、ペースト状になるまで手でつぶす
⑥ ③のチョコレートを袋に入れて、里芋とよく混ぜ合わせる
⑦ 粗熱をとり、袋の端をハサミで切り、ペーストをお皿に絞り出す
⑧ 手で丸め、ココアパウダーを表面にまぶす

※1 里芋はゆでて、皮をむいた後、計量して150g(目安:小サイズ3個)
※2 里芋は皮つきのまま加熱すると、手で簡単に皮がむけます。熱いので、火傷に注意しながらむいて下さい

「里芋とチョコレートだけ・・?」

食べてみるともっちりねっとりとした食感で甘さは控えめ。とっても上品なトリュフチョコを食べてるみたい。

里芋って言われないと気付かないかもしれません。

生クリームたっぷりで作る普通のトリュフと比べたら脂肪もカロリーも抑えられるヘルシー!しかも簡単に作れるこの時期おススメのレシピです!

松丸さんありがとうございますー!

過去のレシピはこちら

リースポテトサラダ

秋野菜と鮭の南蛮漬け

カテゴリーから探すカテゴリーから探す

  • 食べる
  • あそぶ
  • かう

エリアから探すエリアから探す

  • 五泉市
  • 新潟市秋葉区
  • 新潟市江南区

人気記事ランキングランキング

越後天然ガス
ショールームイベント情報イベント

インスタグラム
go to Topgo to Top