村松乙

手作りクレープの店 トリコロール

クレープ焼いて20年「ただいま!」と言いたくなる店

村松商店街の一角に赤い入り口がひときわ目立つ小さなお店「手作りクレープの店 トリコロール」さんがあります。

ポップで明るいお店の雰囲気からして、かわいらしい女性店員さんを想像しつつ店内へお邪魔すると、出迎えてくれたのはなんと思わず「お父さん」と呼びたくなるような風貌の男性でした。

トリコロールA トリコロールB

もしかしたら店番を頼まれただけなんじゃ・・・なんて、失礼なことを考えてしまってすみません。お話をうかがうと、こちらの笠原さんは、村松でクレープを焼いて20年余りの超ベテランなのでした。

当初このお店をやっていた娘さんがお嫁に行って、父親である笠原さんが後を継いだのだそう。「お父さんが娘さんの跡継ぎだなんて順番が逆ですね」というとハッハッハと楽しそうに笑いながらさっそくクレープを焼いてくれました。

トリコロールC トリコロールD

「この辺は、子ども達が行く場所がないからね。あんまり商売にはならないけど、子ども達のためにやめられないんだよ」と笠原さん。そして、部活帰りなどにクレープを食べたり、おしゃべりしたりしに来ていた子ども達が、今は大人になって自分の子を連れて来てくれる。「それがまたうれしいんだよね」と笠原さん。

トリコロールE トリコロールF

「写真撮るなら、やっぱりイチゴかな」と、定番のイチゴクリーム(450円)と、地元の名産であるクルミをふんだんに使ったクルミチョコクリーム(480円)を焼いてもらいました。さっそくいただきます♪

トリコロールG トリコロールH

あれっ?クリームがやさしい味で、美味しい!!

甘い物は食べたいけど、ダイエットも気になる・・・。そんな女性客の声を聞いて、甘さ控えめのクリームを使っているのですって。ベタベタな甘さじゃないから、2個、3個と食べられちゃいそう。店内のテーブル席でクレープを食べながら、おしゃべりに花を咲かせる。

女性同士のグループにも人気な理由がわかりますね☆

 

「ただいまー!」

入り口を開けて思わずそう言いたくなる「手作りクレープの店 トリコロール」。

学校帰りのあの気分を思い出しながら、お父さんに会いに行ってみませんか?

 

 

スポット情報Spot Information

スポット名

手作りクレープの店 トリコロール

TEL・予約

0250-58-6386

住所

新潟県五泉市村松乙631

営業時間

月・火・木・金曜日 12時~19時
土・日・祝日 11時~18時

定休日

水曜日

この記事をシェアする

他の記事を探す

人気記事ランキング人気記事ランキング

cocomo(ココモ)ってなに?

「あ、ここも行ってみたい。」思わずそうつぶやいてしまうようなスポット・情報を発信するWebマガジンです。

越後天然ガス株式会社が運営しています

NIITSUテイクアウトどっとこむ

モアモアショップ

Instagram