カフェ・ド・オテント(Café de OTenTo)

近くにこんな穴場があったなんて♡ おしゃれ空間でくつろぎの時間

秋葉区新栄町にある秋葉区文化会館。その1階にカフェ・ド・オテントさんはあります。
大きなガラス張りの壁と、吹き抜けの高い天井、太陽のぬくもりいっぱいの気持ちのいい空間。ガラスの外には、会館を囲む水盤がキラキラと日の光を反射しています。

カフェオテント-1 カフェオテント-2

2014年9月に会館の完成と同時にOPENしたカフェ・ド・オテントのおすすめは、β-グルカンたっぷりの大麦入りご飯。とくに「本日のごはんプレート」は、その日によって内容が変わるお楽しみメニューです。

この日は、メインの鶏肉のトマト煮込みに、生地からすべて手作りのキッシュ、大麦入りご飯とサラダ、ドリンクとスイーツまで付いて、なんと980円!パン好きな人には、「本日のサンドプレート」(900円)もありますよ♡

カフェオテント-3 カフェオテント-4

カフェ・ド・オテントの自慢はフードメニューだけでなく、スイーツやドリンクにも力を入れていると話してくれた、スタッフの中村さんと川村さん。「本日のごはんプレート」に添えられるスイーツも日によって内容が変わるそうで、この日はクレーム・ブリュレとブラッド・オレンジのジェラートでした♪

カフェオテント-5 カフェオテント-6

女性に人気の「ベリーのワッフル」は、この美しさ! ソース使いがまるでアート作品のようです。もちろん、味も大満足♡ ワッフルやジェラートの控えめな甘さと、ベリーの酸味が絶妙です。

ドリンクのおすすめは、特製のベジフル・ジュース。旬の野菜と旬のフルーツをミックスした栄養たっぷりのスムージーです。ほかにも小松菜のシフォンケーキなど、体にやさしいメニューがずらり。お子様連れならキッズランチ(500円)もぜひ、どうぞ。

カフェオテント-7 カフェオテント-8

会館のイベント後に感想を語り合うグループや、お昼休みにふらりと1人で利用する人など、ゲストのスタイルはさまざま。建築家の新居千秋さんが設計したおしゃれ空間で、ゆったりと過ごすカフェタイムは格別です。

秋葉区自慢の文化会館に、自慢のカフェあり、ですね。

スポット情報Spot Information

スポット名

カフェ・ド・オテント(Café de OTenTo)

TEL・予約

0250-25-3308

住所

新潟市秋葉区新栄町4番23号 秋葉区文化会館内

営業時間

☆10:00~17:00 (ランチタイム11:00~14:00)

定休日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)

この記事をシェアする

他の記事を探す

人気記事ランキング

cocomo(ココモ)ってなに?

「あ、ここも行ってみたい。」思わずそうつぶやいてしまうようなスポット・情報を発信するWebマガジンです。

越後天然ガス株式会社が運営しています

NIITSUテイクアウトどっとこむ

Instagram