和泉

South DINING AND CREPE BOY(サウスダイニング アンド クレープボーイ)

白根エリアに、キャンプ好きなクレープ・ボーイがダイニングをOPEN!?とにかくお洒落で美味しいらしい!行かなくちゃ。

小須戸橋から白根方面に向かい、亀田製菓の工場を過ぎた左手に2021年3月、『South DINING AND CREPE BOY』(サウス・ダイニング・アンド・クレープ・ボーイ)というクレープ屋さんがOPEN。幅広い年齢層のお客さんで賑わっているとの情報が!さっそくおじゃましてきました。

オーナーの皆川直也さんは、赤白緑のイタリアンカラーのワーゲンバスをキッチンカーに仕立て、「チリチリカフェ」という名前で移動販売を行っていた方。イベントや学園祭等で見かけたことがあるという人もいるのでは。

当時は平日は会社員、週末は移動販売という2足のわらじ。そんな日々を5年間続け、確かな手応えをつかんで『South DINING AND CREPE BOY』開店を決意しました。新津出身の皆川さんですが、結婚を機に南区に移住。南区の野菜や果物など新鮮で豊富な食材、そして南区の人達のあたたかさに触れたことで、自分の店をもつなら南区と決めたそうです。もちろん店名の“South”(南)は南区のこと。

皆川さんオススメのメニューは、そば粉を使った生地を薄く焼き、パリパリに焼いたガレットや、たっぷり野菜のシーザーサラダなどの食事系。カレーなどのフード関係もテイクアウトOKのメニューがあるので、お洒落な店内で食べるもよし、持ち帰って好きなシチュエーションで楽しむのよし。

もちろんクレープの種類も豊富です。常に最新情報にはアンテナを張っていて、季節限定のものや新メニューも登場するので、ぜひ実際に見て確かめてください。

クリームは苦手という方には、ホイップ抜きのクレープもあるのでぜひ生地の美味しさを楽しんでくださいね!

キャンプが好きだという皆川さんらしく、店内の小上がりはミニテントまで置かれたキャンプ仕様。小さなお子さんにとってはたまらない秘密基地になりそうです。靴を脱いでゆったりできるのもうれしいポイント。仲良しグループでワイワイ盛り上がるのも楽しそう。

テーブル席には植物が多く置かれていて、ゆったり落ち着いて食事を楽しめそうです。

クレープはメニューに合わせてオリジナルのラッピングペーパーで巻いて提供。このペーパーがまたとても素敵だったので、皆川さんに持っていただいてパチリ。最高の笑顔も頂きました。

スタッフさん達もとびきり気さくで楽しい方ばかり。常連さんの中には80代くらいのおばあちゃんまでいらっしゃると聞いて納得の明るい雰囲気です。テレビや雑誌の取材も多く、注目のお店の一つですよ。ぜひお訪ねください。

スポット情報Spot Information

スポット名

South DINING AND CREPE BOY(サウスダイニング アンド クレープボーイ)

TEL・予約

080-6578-6809

住所

新潟市南区和泉502-27

営業時間

10:00~18:00

定休日

水曜日

リンク

facebook instagram

この記事をシェアする

他の記事を探す

人気記事ランキング人気記事ランキング

cocomo(ココモ)ってなに?

「あ、ここも行ってみたい。」思わずそうつぶやいてしまうようなスポット・情報を発信するWebマガジンです。

越後天然ガス株式会社が運営しています

NIITSUテイクアウトどっとこむ

Instagram