上杉川

チャレンジランド杉川

夏だ!キャンプだ!低料金だけど設備超充実の『チャレンジランド杉川』へGO!週末の利用は早めに予約を!

【夏休み”あそび場„特集!第1弾】
本日より夏休みのお出かけ先にもピッタリな「あそび場」を紹介していきます。
お出かけ先に迷ったら、ぜひ参考にしてみてください!

第1弾として紹介する場所は、五泉市の『チャレンジランド杉川』です。
清流杉川の横、権現山の麓にあり、野外活動や集団宿泊活動を通じて青少年の豊かな心を育てることを目的に整備された施設。
広大な敷地内には全面車の乗り入れ可のテントサイトのほか、格安で利用できる宿泊棟(冒険の館)があり、テントを張ってキャンプを楽しむ人や、登山のベースキャンプとして利用する人たちなどで賑わっています。
夏休みといえば自然体験!キャンプ!ということで、さっそくおじゃましてきました。

『チャレンジランド杉川』の利用方法は日帰り、テント宿泊、冒険の館宿泊の3通り。
いずれの場合も、現地に着いたらまず一番奥にある「冒険の館」で受付を済ませます。
日帰りの利用時間は9:00~16:00。
宿泊は15:00チェックイン、チェックアウトはテント泊14:00、冒険の館は10:00となっています。
宿泊利用の場合、15時より前の時間帯の利用には日帰り料金が追加となりますのでご注意ください。
なお、敷地内は禁煙となっております。

テントサイトは広く整備された芝地。約6m×約6mの区画が全部で23あります。
(新型コロナ感染防止のため、現在はその半数に制限中) すべて車の乗り入れ可なので、テントのすぐそばに駐車でき便利。
テントサイトは地面に直接火をおこす直火禁止です!
横には、清流杉川が流れているのでせせらぎの音に心が癒やされます。

炊事場は清潔に手入れされていて気持ちよく利用できます。
ゴミや食べ残し、使用し終わった炭などすべて持ち帰りがルールとなっています。
野外トイレもそうですが、せっかくきれいに維持されている施設なので、きちんとマナーを守って利用しましょう。

道具が足りなければ無料貸し出しもしてくれるので管理人さんに気軽に相談してみてください。
鉄板や網、鍋なども貸してもらえます。ただし、元々学校の体験学習等に利用されていたためこういった道具類はどれもビッグサイズです。(テントは1張530円/泊にて貸し出しがあります)
食料や飲料水の販売はしていないので、持参する必要があります。
管理人の弦巻公司さんによると、「最寄りのスーパー、コンビニまで行って買い物して戻ったら1時間かかります」とのこと。

ただし薪の販売は行っていて、こちらは一束なんと210円という激安料金です。
この安さに驚きまとめて購入していくキャンパーもいるくらい!
そして、後ほどご紹介しますがテントサイト宿泊の場合も「冒険の館」のお風呂が利用できます。
これはありがたいですね!野外活動でかいた汗をさっぱり流して、リラックスできるなんて最高です。

施設の管理棟も兼ねた「冒険の館」には、1室10畳の個室が6部屋あり、1部屋2,100円プラス大人1人1,100円、子ども1人740円という信じられないような低料金で泊まることができます。(チェックイン15:00、チェックアウト10:00)

各部屋にはロフトや天窓がついていて、お子さんも大喜び間違いなし。もし小さいお子さんの転落が心配な場合は、ハシゴを上げて使えなくしてしまえば安心です。

食事は、食材を持参し館内の調理室で自炊。
それもまたお子さんの経験値アップになっていいですね。調理室の調理器具も食器類も自由に使えます。(もちろん使用後はきれいに洗って元通りに片付けてくださいね)

じゅうぶんに広くてきれいなお風呂は、日帰り、テント泊、館内泊の誰でも利用できます。
このお風呂があるがために『チャレンジランド杉川』を利用するというキャンパーも多いそうです。
お風呂のあるキャンプ場ってそうそうないですもんね。

せっかくの長い夏休みは、普段はなかなかできない体験にトライするチャンスです。
『チャレンジランド杉川』は家族ではじめてのキャンプに挑戦するのにも適していますし、キャンプ慣れした人にとっても便利で利用しやすい施設です。
ただ、自然に囲まれた施設なので、虫・蛇などに注意が必要。長袖や長ズボンの着用が虫対策におすすめです!
自然に囲まれてのんびり過ごす夏の日をぜひ体験してください。

スポット情報Spot Information

スポット名

チャレンジランド杉川

TEL・予約

0250-55-6543

住所

五泉市上杉川1910-1

営業時間

4月下旬~11月上旬

定休日

火・水・木曜日(祝日を除く)ただしGW、7・8月は休館日無し

リンク

website

この記事をシェアする

他の記事を探す

人気記事ランキング人気記事ランキング

cocomo(ココモ)ってなに?

「あ、ここも行ってみたい。」思わずそうつぶやいてしまうようなスポット・情報を発信するWebマガジンです。

越後天然ガス株式会社が運営しています

NIITSUテイクアウトどっとこむ

モアモアショップ

Instagram