うめやんKitchen直売所

ココに来れば買えるんです!移動販売で有名な大人気カレーが…

秋葉区の程島ショッピングセンターの一角に、あの「うめやんKitchen(キッチン)」の実店舗ができている!! そう驚かれた方も多いのではないでしょうか。

そうなんです。新潟の移動販売の草分けともいえる「うめやんKitchen」さんの直売所が、2017年12月、満を持して登場したのです。

「うめやんKitchen」さんといえば、新潟の移動販売の草分けともいえる存在。各種イベント等に乗りつけたキッチンカーで提供する、カレーを中心としたアジアン料理が大人気なので、ご存じの方も多いのでは。

さっそく、「うめやん」こと梅澤さんご夫妻に、お話を伺ってみました。

うめやん うめあん

主人の梅澤俊広さんは、西蒲区巻地区のご出身。「以前はバックパッカーだったんです」と笑う俊広さんがタイへ旅行に行った際、現地で食べたタイ料理が口に合い、それがきっかけで、帰国後、移動販売を始めたのだそう。それが9年前のことで、当時の新潟では移動販売はまだないに等しかったため、場所の確保や役所の手続きにとても苦労したそうです。

ご夫婦の出会いは十代の頃に遡り、俊広さんが苦労していた時代もよく知っている奥さんは、フレンチやイタリアンの店に勤めた後、食品会社に就職して働いていたものの、一念発起し、「一緒に頑張ろう」と退職。「うめやんKitchen」を2人で支えていくことになりました。それがビジネスパートナーとして、そして夫婦としてのお2人の歴史の始まりだそうです。

うめやん うめやん

「うめやんKitchen」さんで使用する野菜は、できるだけ地元産の旬なもの。奥さんのご実家が自家菜園を行っていて、収穫した新鮮な野菜を店に持って行って調理するという、理想的な環境に恵まれています。

この日は、代表的メニューといってもよい「うめやんの牛すじカレー」(550円/税別)と「7種の野菜のベジカレー」(600円)をご用意いただきました。カレーは化学調味料を一切使わず、塩とスパイスのみで味付けをしているとのこと!その味の奥深さに思わず舌を巻きます。

その日の具材の水分量や、調理場が変わると異なる火加減の差など、ちょっとしたことで加減が変わるので、スパイスの調合は日々異なるそう。「難しいけど面白くて、どんどんハマッてしまいました」という奥さんの言葉にもうなずけます。

うめやん うめやん

実店舗を持っても移動販売はこれまで通り続ける予定で、「この場所はセントラル・キッチンという考え方」だと梅澤さん。ここを基地にして、ここからキッチンカーが飛び出していく、そんな未来図を描かれています。

そのため、「うめやんKitchen直売所」と名付けられたこのお店では、6種類のカレーのほか、アジアンテイストなお惣菜各種(写真のお皿に載っているのは、「胡桃とクミンの人参サラダ」と「じゃがいものマサラ」)、そしてプリンや焼き菓子などの自家製おやつも店頭に並び、テイクアウト中心に販売されています♪

 

店内に設けられた6席のイートインコーナーで食べることも可能なので、お昼休みやお出かけ時の利用にも便利♪ ちなみに、カレーと別注文でご飯も提供されていて、白米ごはん(130円)と、黒米入りごはん(150円)の2種類がありますよ。

お休みは水曜日のほか、不定休もありということなので、移動販売の出張先情報もあわせてWEBサイトで情報を発信されています。そちらもぜひご覧ください。

(※文中の価格表示はすべて税別の価格です)

お店のホームページはこちら♪

スポット情報Spot Information

スポット名

うめやんKitchen直売所

TEL・予約

0250-47-7472

住所

新潟市秋葉区程島1927-1

営業時間

11:00~19:00

定休日

水曜日(ほか不定休あり)

この記事をシェアする

他の記事を探す

人気記事ランキング

お知らせ

cocomo(ココモ)ってなに?

「あ、ここも行ってみたい。」思わずそうつぶやいてしまうようなスポット・情報を発信するWebマガジンです。

越後天然ガス株式会社が運営しています

Instagram